ホーム>プレスリリース>【全国】値上がりマンションランキング公開  値上がりするマンションの条件とは?

プレスリリース

【全国】値上がりマンションランキング公開  値上がりするマンションの条件とは?

株式会社グルーヴ・アール(所在地:東京都港区、代表取締役社長:川島 直也)は、2018年6月12日、自社運営の不動産テックサービスである、マンション情報サイト「マンションレビュー」内において公開している分譲マンション価格の「騰落率」を基に、新築時と比較して値上がり率の高かったマンションを調査し、この度日本全国の築5年以内のマンションに絞り、下記の通り値上がりランキングを公開致しました。


マンションレビュー


■マンションレビュー : https://www.mansion-review.jp/
■マンション詳細ページ: https://www.mansion-review.jp/mansion/11780.html

※無料会員登録をすると、コンテンツを全て閲覧できます。


マンションレビューでは、各分譲マンションの新築時の価格と、マンションレビューが独自に収集した1,557,540件の中古販売履歴(いつ、いくらで売りに出ていたかというデータ)を比較し、現時点での値上がり率を「騰落率」として公開しています。その「騰落率」を基に、築5年以内のマンションで値上がり率の高かったマンションをランキングにし、この度発表することと致しました。

尚、ランキングの対象となる物件は、中古販売履歴が10件以上あるもの、もしくは、10件以下でも総戸数に対して30%以上販売履歴があるものとなります。


【築5年以内 値上がりマンションランキング TOP10】
※以下左から、「順位」「騰落率」「マンション名」「(所在地/築年数)」

1位 63.8%↑ アークヒルズ仙石山レジデンス(東京都港区/平成24年8月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/536119.html

2位 58.5%↑ ワテラスタワーレジデンス(東京都千代田区/平成25年3月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/43087.html

3位 56.5%↑ プレミスト南青山(東京都港区/平成26年2月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/602980.html

3位 56.5%↑ パークコート六本木ヒルトップ(東京都港区/平成24年8月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/535041.html

5位 55.1%↑ グランフロント大阪オーナーズタワー(大阪府大阪市北区/平成25年4月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/534924.html

6位 53.4%↑ パークコート千代田富士見ザタワー(東京都千代田区/平成26年3月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/535659.html

7位 51.6%↑ ザ・パークハウス渋谷美竹(東京都渋谷区/平成26年2月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/536253.html

8位 51.5%↑ デュフレベース南麻布(東京都港区/平成24年2月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/534302.html

9位 50.8%↑ ユニーブル渋谷神南(東京都渋谷区/平成25年12月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/597220.html

10位 50.4%↑ クレヴィア墨田本所(東京都墨田区/平成23年7月築)
https://www.mansion-review.jp/mansion/43174.html


【築5年以内 値上がりマンションランキング 11位~100位】
以下PDFファイルをご覧ください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/158526/att_158526_1.pdf


■ランクインした物件の所在地について
以下、各所在地の分布について記載します。

・東京都:76件
 →港区  :32件
 →渋谷区 :12件
 →千代田区:11件
 →新宿区 :5件
 →中央区 :3件
 →品川区 :3件
 →豊島区 :2件
 →目黒区 :2件
 →世田谷区:1件
 →台東区 :1件
 →大田区 :1件
 →文京区 :1件
 →墨田区 :1件
 →国分寺市:1件

・大阪府:19件
 →大阪市西区  :4件
 →大阪市中央区 :4件
 →大阪市北区  :4件
 →大阪市浪速区 :3件
 →高槻市    :2件
 →大阪市阿倍野区:1件
 →茨木市    :1件

・京都府:4件
 →京都市中京区:2件
 →京都市下京区:1件
 →京都市東山区:1件

・神奈川県:2件
 →横浜市青葉区:1件
 →横浜市中区 :1件

東京都が全体の76%を占め、中でも、港区、渋谷区、千代田区などの都心人気エリアと称される地域に存する物件が過半数を超える結果となりました。
10位以内にランクインした東京都以外の物件は、大阪市北区の「グランフロント大阪オーナーズタワー(5位)」となります。


■最寄駅からの距離との相関性
以下、駅からの距離別の件数は以下となります。

・駅5分以内:73件
 →駅徒歩1分以内:13件
 →駅徒歩2~3分 :31件
 →駅徒歩4~5分 :29件

・駅徒歩6~10分:21件

・駅徒歩11分以上:7件

駅徒歩5分以内で73件、駅徒歩10分以内で94件、となっており、駅10分を超える物件は、7件のみとなります。資産性を保つ条件として、駅からの距離の重要度が伺える結果となりました。

駅10分を超える7件の価格上昇については、

・ザ・パークハウスグラン南青山高樹町(東京都港区南青山:広尾駅徒歩11分)
・ザ・パークハウス広尾羽澤(東京都渋谷区広尾:広尾駅徒歩12分)
・ザ・パームス渋谷常盤松(東京都渋谷区東:表参道駅徒歩12分)
・サンウッド中目黒フラッツ(東京都目黒区目黒:中目黒駅徒歩12分)
・オープンレジデンシア広尾2(東京都渋谷区広尾:広尾駅徒歩14分)
・オープンレジデンシア広尾1(東京都渋谷区広尾:広尾駅徒歩14分)
・クレヴィア二子玉川(東京都世田谷区野毛:二子玉川駅徒歩17分)

となり、都内でも最も人気の高いアドレスに存するため、他エリアとは特性が異なることが考えられます。


■分譲会社について
各マンションの旧分譲会社の件数は以下となります。
※JV(ジョイントベンチャー)といって、複数のディベロッパーが共同で販売した物件もありますが、その場合参画ディベロッパー全てに件数を加算しています。

※()内はマンションシリーズ名
1位  三菱地所レジデンス(ザ・パークハウスなど):15件
2位  三井不動産レジデンシャル(パークタワー・パークホームズなど):14件
3位  東急不動産(ブランズなど):9件
4位  野村不動産(プラウドなど):8件
5位  伊藤忠都市開発(クレヴィアなど):8件
6位  NTT都市開発(ウェリスなど):7件
7位  阪急不動産(ジオなど):7件
8位  オープンハウス・ディベロップメント(オープンレジデンシアなど):5件
9位  住友商事(クラッシィなど):5件
10位 大和ハウス工業(プレミストなど):4件

上記の通り、大手ディベロッパーのブランド力は資産性に少なからず影響があると考察出来る結果となりました。


■マンションの戸数と価格上昇の相関性
マンションレビューで保有しているマンションの棟数データより調査した結果が以下となります。

・全国の築5年以内のマンション棟数:12,042棟
・全国の築5年以内の総戸数が100戸以上のマンション:1,860棟
・今回ランクインしたマンションのうち総戸数が100戸以上のマンション:48棟

5年以内に分譲されたマンションのうち、100戸以上のマンションは15.4%ありましたが、今回ランクインしたマンションのうち、100件中48件(48%)が100戸以上あり、総戸数が多い、大規模マンションの方が価格上昇しやすい傾向にあることが伺えます。



■マンションの階層と価格上昇の相関性
こちらもマンションレビューで保有しているマンションの棟数データより調査した結果が以下となります。

・全国の築5年以内のマンション棟数:12,042棟
・全国の築5年以内の階層が20階建以上のマンション:375棟
・今回ランクインしたマンションのうち総戸数が20階建以上のマンション:36棟

5年以内に分譲されたマンションのうち、20階以上のマンションは3.1%ありましたが、今回ランクインしたマンションのうち、100件中36件(36%)が20階以上であり、高層タワーマンションの方が価格上昇しやすい傾向にあることが伺えます。


■値上がりする可能性が高いマンション モデルケース
以上の結果より、下記条件のマンションが一番価格が上がる可能性が高いと考えられるモデルケースとなりました。

・「東京都港区」、「三菱地所レジデンス分譲」、「駅徒歩5分以内」、「20階建以上」、「総戸数100戸以上」

上記の条件に近い物件は、価格が値上がりする可能性が高く、資産価値が高い物件と思われ、これからマンションを購入する一般消費者の参考指標となると考えられます。


■全国分譲マンション騰落率ランキング
マンションレビューでは、全国のマンションの新築時と現在の価格を比較した騰落率データを公開しています。市区町村や駅等のエリアを絞ったランキングなどを下記より閲覧することで、興味のあるエリアの騰落率の調査が出来ます。

https://www.mansion-review.jp/ranking/touraku/


■マンションレビューのデータについて
マンションレビューでは、分譲マンションの価格について、随時調査を行っています。新築分譲時点から、中古でいついくらで売りに出たかを追い続けることで、現時点の価格が適正な取引価格か否かを判断することが判るようコンテンツを公開致しております。

無料会員登録で、1つのマンションの価格推移を調べることはもちろん、以下のような情報を取得し、不動産取引について不安を抱える方々の手助けをしています。

・Web適正価格診断
・マンション偏差値(マンションレビュー独自の資産価値の評点)
・中古販売価格履歴。そのプロット図
・新築時、1年前、3年前、5年前販売価格と比較しての販売価格騰落率
・周辺エリアの過去5年以上のマンション売買相場の推移グラフ
・賃料履歴。そのプロット図
・周辺エリアの過去5年以上のマンション賃料相場の推移グラフ
・居住者の口コミ

特に、「適正価格診断」については、情報が多い物件では、PDFファイルで数十ページにも及びますが、これらがすべて無料で閲覧可能で、不動産取引成功に必ず役立つ内容となっています。

例: https://www.mansion-review.jp/mansion/11780/report.html

今後も、一般消費者の誰もが後悔しない不動産購入を実現出来る社会を目指し、情報提供サービスの充実を進めて参ります。

PAGE TOP